海藻の森ウェブ サイトマップ
お問い合わせはこちら
トップページ>あかもくオンライン

海藻の森ウェブについて
 
シーフーズあかまは
「食材王国みやぎ」
協力企業です
志波彦神社・鹽竈神社
公式サイトです
はたけなか製麺株式会社
株式会社 地球の恵み
 

あかもくのおかいものはこちらから
あかもくって何?
 「あかもく」をご存じですか?ワカメ、メカブ、コンブなどと同様、褐藻類(ヒバマタ目ホンダワラ科)に属する海藻です。松島湾のような栄養塩に富む浅海が生育に適していて、生命力がとても強く、長くなると7mぐらいにまで成長します。東日本各地の沿岸に分布しており、地域によって、「ギバサ」(秋田)や「ギンバソウ」(山形)、「ナガモ」(新潟県)などと呼ばれ、食されています。
あかもくの名前の由来 あかまさん あかもく
 
あかもくがメジャーな秋田県
あかもくは秋田県ではギバサ 秋田県地域では、海藻といえば“ぎばさ”といわれるほど、あかもくが海藻として一番好まれているようです。食用とされる海藻は、主に晩秋から春にかけて育ちます。でも、日本海に面している沿岸海域は、厳しい冬の季節風の影響で風波が強すぎて、わかめや昆布などが育ちにくく、海藻が希少なものであったと考えられます。そのため、八森地先の磯に育つあかもく(=ギバサ)が、昔から食用として珍重されてきたと推測されているのです。
 
太平洋側では駄目な海藻!?
宮城県地域では、わかめ・昆布などの海藻が豊富であるためか、元来あかもくは食用とされてきませんでした。それどころか、流れ藻として刺し網や養殖施設に絡み付き、厄介な“邪魔モク”と言われてきたのです。漁業者からはバツモと呼ばれ(バツは駄目の意)駄目な藻とされたり、藻くずとして畑の肥料に用いられていました。
しかし、神聖な儀式に使われる海藻でもあります。宮城県の塩竈市にあるお釜神社(海水を煮て塩をとる方法を教えた神とされる塩土老翁神を祀る)には藻塩焼き(もしおやき)という神事があります。積み重ねた海藻に海水をかけて煮詰め、塩を採るもので、その際にホンダワラやあかもくが使用されています。
▲目次に戻る

からだにいいあかもく
機能性食品として注目される海藻「あかもく」
あかもくはミネラルなどの栄養が豊富な海藻あかもくは、秋田など、地方によっては昔から保存食として食べれられていた海藻で、ふだんから食卓に味噌汁の具や、酢の物として並ぶ食品でした。

近年、ミネラルや食物繊維、ポリフェノール等を豊富に含む点から、健康食品として注目が集まり、学術機関等での研究対象とされております。その結果、高血圧抑制と血糖上昇予防、抗腫瘍作用、コレステロール低下に効果のあるフコイダンや、骨粗しょう症予防に役立つビタミンKが豊富に含まれていることが分かりました。

1998年には富山医科薬科大学の林利光教授らによって、エイズウイルスの増殖が抑えられる効果があるという研究成果が発表され、食品としての機能性が一躍脚光を浴びるようになりました。
 
「あかもく」に含まれる主な栄養素
ポリフェノール:光合成によって植物に含まれる色素や苦みのもととなる成分、紫外線から守るために蓄えています。その数は約4,000種類。活性酸素や悪玉コレステロールの活動を抑制する働きがあり、身体の免疫力を高める栄養素として注目されています。

フコイダン:わかめやこんぶ、もずく等にも「ぬめり成分」として含まれる多糖体で食物繊維の一種。成人病予防やアレルギー改善、抗がん作用等があり、健康食品などに加工され、注目が集まっています。

ミネラル:人間の体に必要とされる無機質の総称です。骨や歯を構成するカルシウムやマグネシウム、貧血予防に有効な鉄分などがその類。体内に存在する量はわずかながら、重要な働きをする栄養素です。

ビタミンK:血液の正常な凝固作用を促すビタミン。カルシウムが骨から溶け出すのを抑制する効果もあり、骨や歯茎を強くするほか、骨粗しょう症の予防に効果があるとされています。
▲目次に戻る

環境にいいあかもく
「あかもく」は水をきれいにします(水質浄化作用)
アカモクの藻場(海藻がたくさん茂る“海藻の森”)は、赤潮の原因となる窒素やリンなどの栄養分を吸収します。つまり、赤潮のプランクトンが栄養分を食べて育つ前に、増殖を妨げる働きをして、海水をきれいにするのですね。あかもく約1平方キロメートルで、約5万人分の下水処理場の窒素除去率に匹敵すると言われています。

また、あかもくの藻場は海水の流れを穏やかにしますから、微小な浮遊物質を海底に落としてくれます。直射日光を遮って水温も安定し、魚が卵を産んだり、えさをとったり、すみかとするのに最適な環境を与えてくれるのです。あかもくは、良質な漁場の確保にも役立つ海藻といえます。

近年、宮城県では海水浄化に果たすあかもくの役割について調査・研究しています。また成長熟成後の食用への活用についても検討がすすめられており、あかもくは環境と健康の両方に寄与する、“植えて良し、食べてよし”のスーパー海藻として認められてきているのです。

【参考】
アカモクの藻場を活用した松島湾の浄化施策を推進中の
県環境対策課水環境班長 佐々木久雄氏のインタビュー
[インタビューWEBマガジン NIYONIYOに掲載]
あかもくの水質浄化効果
▲目次に戻る

おいしい食べ方
家庭でできるアカモクの利用料理の例
あかもく 浜トロ料理法
浜トロ
アカモクに、三杯酢をかける。
三杯酢の代わりにポン酢系のドレッシングにしょうゆで味を調えたものでも良い。

イワシのつみれ
イワシの内臓と頭を取ってたたき、生姜とアカモクを加えてすりつぶしたものをお吸い物、みそ汁の具にする。

餃子
餃子のあんこを、ニンニクの代わりに生姜、ニラの代わりにアカモクを使って作る。

お好み焼き
生地に練り込む山芋の代わりに、アカモクを使用する。

マグロの山掛け丼
ぶつ切りにした赤身のマグロの上に、山芋の代わりとして叩いたアカモクをのせる。生姜、わさび、しょうゆで味を調え、きざみ海苔をのせる。

ご飯のお供
白いご飯はもちろん、熱々の麦ご飯や雑穀米の上にのせてしょうゆをかける。
好みにより刻んだネギやかつお節をかける。

かまぼこ、さつま揚げ
生地に練り込む(未経験)。

シーバジル
ニンニクと唐辛子を利かせて、オリーブオイルとフライパンで炒める。
パスタにのせて、シーバジルパスタを作る。

シーバジルの素
オリーブオイルと唐辛子と一緒にビンに漬け込む。

アカモクそば
アカモクをそばつゆに入れてざるそばで。わさびを多めに入れる。

スタミナ焼き
豚肉又は牛肉にアカモクとニンニク・生姜等を搦めて熱した鉄板で焼く。たれと大根下ろしをかけて熱した鉄皿に盛りつける。

たまご焼き
卵を溶いて、アカモクを加え、良くかき混ぜてから卵焼きを作る。
出汁巻き卵にしてもよい。

冷や奴
刻んだネギを加えたしょうゆをアカモクにかけて、良くかき混ぜてから冷や奴にのせる。好みにより七味唐辛子や刻んだ生姜を加える。

湯豆腐
湯豆腐に、唐辛子しょうゆ等で味を調えたアカモクをのせる。

雑炊
具の一部として良くかき混ぜて粘りを出したアカモクを加える。味噌味、しょうゆ味、塩味どれでも行ける。
トースト
トーストの一面にそばつゆなどで味付けして良くかき混ぜたアカモクを塗る。パンと海藻の取り合わせが面白い。

マヨネーズ和え(絶品!)
アカモク(50g)にマヨネーズ大さじ1杯としょうゆを少々加える。
▲目次に戻る

あかもくの感想
皆様からHPに寄せられた、あかもく(ぎばさ)を食べた感想をご紹介しています。初めて食べて、夢中になってしまう方が多いあかもく。皆さんもぜひ一度お試しください。
ぜひご感想をお待ちしております!→こちらからご感想をお寄せください
 
千葉県 女性 

珍しいものなので、冷凍保存し、お正月に皆で頂きました。
初めて食べましたが、歯ごたえがしっかりしていておいしかったです。癖もないし、モズクより食べ応えがあり、味が濃い感じでした。
▲こちらは【食材王国みやぎ:我が家の自慢料理】当選者の方からの感想です。
 
愛知県 女性 

こりこりとした歯ざわりと海藻の独自の風味がして、熱いご飯にかけて食べれば言うことなしの美味しさです。酒の肴としても向き、健康食としても高く評価できます。カルシウムも豊富で育ち盛りの子供や高齢者には特にお奨めしたいです。少し寒くなってきましたので冷奴ではなく湯豆腐にのせていただきましたが、とてもよく合いました。こちらでは見かけませので珍しいものを頂けて嬉しかったです。
▲こちらは【食材王国みやぎ:我が家の自慢料理】当選者の方からの感想です。
 
神奈川県川崎市 女性 

スーパーマルエツで販売していた「ぎばさ」を初めて食べ、あまりの美味しさに毎日購入していましたが、期間限定との事でなくなってしまいました。関東ではどちらのスーパーで購入できるでしょうか。また通信販売はしていらっしゃいますか。
 
岡山県総社市 女性 

先日はぎはさとめかぶのプレゼントどうもありがとうございました。特にぎはさというのは名前も聞いたことはなかったしもちろん食べたこともありませんでした。でも家族そろって食べてみてびっくり!!こりこりとした食感でものすごくおいしかったです。レモンポン酢で食べたのですが娘など汁まできれいに飲み干しました。

めかぶもこのあたりで売っているパック詰めのあじつけのめかぶとはまったく別物のようにこれもこりこりとした食感ですごくおいしかったです。このあたりにはプレゼントしてもらったようなのは売ってないのでぜひまた取り寄せて食べてみたいです。ホントにどうもありがとうございました。
▲こちらは【食材王国みやぎ:我が家の自慢料理】当選者の方からの感想です。
 
東京都荒川区 男性

昨日 初めてギバサを食べました。とてもおいしく、体にも良い事がわかりました。食べたお店は町屋駅前サンポップビルのときわ食堂です。家でも食べたいと思い、お土産にしてもらいました。東京で購入する場合どこで販売してるのか教えてください。宜しく御願い申し上げます。
 

宮城県 男性(28)会社員

知人からシーフーズあかまさんの「あかもく」をいただいて食べました。
はじめは「何?」って感じだったんですが、一度食べはじめると、おいしくて、ハマってしまいました。歯ごたえといい、ねばねば感といい、ごはんにかけると、何杯でもいけるって感じでした。

 

岩手県 女性(25)主婦

シーフーズあかまさんの「あかもく」を購入して、食べました。
テレビとか雑誌とかで紹介されていて、美容にもいいということで興味をもちました。
食べてみるとおいしくて、これいい!って思いました。
今はお醤油と混ぜて、ごはんにかけて食べているのですが、もっといろんなレシピに挑戦してみたいです。シーフーズあかまさんのホームページにレシピが掲載されていましたので、参考にしたいと思います。

 

春3月になると、松島湾にぎばさ(アカモク)の群落が出現します。バツモと嫌われている海藻に着目し、「おさしみぎばさ」を開発後に多様な機能性が解明され海藻の中では一番トレンディーな食べ物になりました。
平成16年宮城県水産加工品品評会宮城県漁連会長賞を受賞



おさしみぎばさ
100g×10個入セット
¥1,700(税別・送料別)
数量: セット

内容量 100g
賞味期限 解凍後5日間
保存方法 要冷蔵(10℃以下)
備考 3ケース以上ご購入の際は送料が変更になります。
正しい送料は別途店舗よりご連絡をさせていただきますので、予めご了承ください。
▲目次に戻る


お買い物インフォメーション
■ 最初にお読みください
お客様に簡単で快適にお買い物いただくために“買い物カゴシステム”を採用しています。通常そのままの環境でご利用いただけますが、「エラーが出る」「送信できない」などの問題がありましたらヘルプをご覧ください。使用ブラウザの設定について説明しています。
■ お支払いについて ■ 送料について
お支払いは「郵便振替」となっております。商品お届けの際に同封します「郵便振替用紙」をお近くの郵便局へお持ちになりお支払いください。振替手数料は当社が負担いたします。 お支払い代金には別途送料とクール便料を頂戴いたします。
送料はお届け先住所により異なります。
→料金表はこちら
■ 返品について ■ 個人情報の取扱いについて
お客様のご都合による商品の返品は送料お客様負担の上、賞味期限内に速やかにお送り下さい。

商品の品質管理には万全の注意を払っておりますが、万一商品の破損、傷み、その他何かお気付きの点がございましたら商品到着後すぐに上記までご一報下さい。送料当社負担で、直ちに良品とお取り替えさせていただきます。
当社はお客様の個人情報を取り扱っている部署に管理責任者を置き、その管理責任者に適切な管理を行わせております。
お客様から、お客様の個人情報を取得させていただく場合は、利用目的をできる限り特定するとともに、お客様に対する当社窓口等をあらかじめ明示したうえで、必要な範囲の個人情報を取得させていただきます。
→詳しくはこちら



copyright